気になった物件が入居中で内覧できない場合

ものすごくいい物件が出てきた

そこは考えていたエリアではないのだけど、中心部の主要な駅から電車で5分、駅から物件までがまさかの1分!

部屋は狭いけど、家賃がものすごい安い

予定していた家賃よりもだいぶん安い

ただ問題は、現在入居中で空くのが7月になるのと、内覧ができない

内覧が出来ないというのは結構引っかかって、それだけでやめとこうかとも思ったのだけど、この立地でこの家賃、これ以上いい物件は今のところない

とにかく部屋の写真がないかとネットを検索してみると、意外とあった

同じ物件でも不動産屋によって持っている写真が違うので、今の時代はググってみるのが一番いい

あとは、実際に物件を見に行ってみると部屋の外までは見ることが出来る

ポストには他の入居している事業所名が書いてあるので、検索するとホームページがあったりブログがあったりで、いくらかイメージがつかめる

その物件のお隣は行政書士事務所なんだけど、その事務所の人はブログを書いておられて、勉強熱心で良い人そうだった

管理会社もちゃんとしているみたいで、ロビーやフロアもものすごくきれい

調べてみると、内覧せずに物件を決めるというのは春先や人気物件だとよくあることらしい

検索していると、内覧できないことで迷っている人に名言を言っておられる人がいた

「今現在人が住んでいるということは、暮らせない物件ではない」
「他号室が満室ということは、皆それなりに満足しているということ」

ということで申し込みを決めた

内装は自分でいくらか工夫できるけど、立地はどうにもできないからね

これから審査だけど、どうかなあ

日本は自営業者に厳しいらしくて、1000万円収入があっても、10万円の物件の審査で落ちたりもするらしい

事業を始めるときは、サラリーマンを退職する前に部屋を借りておくのがセオリーらしい

年度途中なので、審査も甘いのではないかなーと期待している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。