長いこと追い求めていたものを見つけました

お盆休みも最後なので知人とお出かけしてきた
わたしは自営業なので、お盆だからどうということでもないのだけど、サラリーマンにとっては貴重なお盆休み
しかし思い返してもお盆休みって特別何かをした思い出もない
世の中の人にとって帰省するための休みなのだと思う

夕方から夜の街に繰り出したのだけど、どこも開いてない笑
本当に開いてない…
いつも行くお店が開いてないので、歩いて回って新規開拓することにした

ハピーアワーに餃子屋と、前から看板が気になっていた洋食屋に入ってみたら、結構ボリュームがあってよかった
しかも2軒行ってまだ1300円しか使ってない!

ところが次のお店が見つからない
もちろん日本酒が飲みたいのだけど
グーグルマップを見ながら何件か回るけれど、行くとどこも閉まってる
困った

ちょっと離れに開いているお店を知人が見つけたので10分ほど歩く
お店に着き、店の前の看板を見てすぐ、
ん!?と思った
この2年くらい、ずっと追い求めていた日本酒が貼ってある

さすがにないでしょ…
と思い、お店に入り、右手にある冷蔵庫の中を見ると、本当に置いてある

さして酔ってないけれど、完全に酔いがさめる

座ってすぐにメニューを開き、この日本酒の希少価値を知人に力説する
知人がそれを頼み、わたしはもう一つ別のものを頼むことにする

頼んだものがこちら

花陽浴 純米大吟醸無濾過生原酒 越後5百万石
口に含むと、思ったよりも味がないか…と思いきや、鼻に抜けた瞬間に強い香りが広がる
そして強い香りは長いこと鼻に残る
味はパイナップルのような味
埼玉の日本酒というのがまたおつで、日本でも指折りで飲めないお酒だと思う

わたしが頼んだのはこれ

而今 純米吟醸雄町 無濾過生
花陽浴の影響を受けた後で説明しづらいのだけど、例えるなら、深いダムに投げた石が、深く深く沈んでいくような味わい深さ

わたしは特別而今ファンではないのだけど、前の職場で看護師さんに教えてもらったのと、他に置いてあるお酒がどれも数種類あって決めきれなかったので、而今にした

他にも十四代、鍋島など希少酒が多数置いてあったのだけど、これ以上の感動はもうないので、食事を頼むこともなく今日はストップした

しかし、こんな偶然に花陽浴と出会うなんて

もう全国的に有名なもので追い求める日本酒はなくなった
帰ってからも燃え尽きというか放心というか、大事なものを達成してしまった感じだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。