ピロリ菌の検査結果が返ってきた

ピロリ菌の検査結果が返ってきた

始まりはkindleで何気なくホリエモンの書いた本を読んだところから

 

内容をあげる

日本人は保険には入るのに予防にお金をかけない
病気になった後にお金をもらうより、予防するほうが経済的メリットが大きい
日本では毎年5万人が胃がんで死んでいる
若いうちは進行が速く、30~40代のがんを予防できれば死ななくて済む確率が大きく上がる
胃がんの99%はピロリ菌が原因、ピロリ菌以外を原因とした胃がんは0.5%しかない

つまり胃がんは感染症、遺伝や生活習慣ではない
ピロリ菌を除去すれば胃がんのリスクを大きく下げることが出来る
ピロリ菌の感染が見つかれば健康保険で治療できる
治療は1週間の飲み薬でいい
除去後の再感染率は0.2~2%程度

今読み返してもなかなかインパクトがある

わたし自身は全くもって胃は健康なんだけど、読んだ情報を同僚に力説したら不安になったみたいで、その日に検査を受けると言い出した笑

サラリーマンじゃなくなったら検診とか自分で受けないといけないし、わたしも一緒に受けてみることにした

受けたのは医療機関で受けられるABC検診という血液検査

ABC検診

胃の状態がABCDの4段階で判定される

料金は2160円

採血したら1週間で結果がわかる

昨日返ってきた

結果は予想通りAで健康だった。ピロリ菌もいなかった

A判定の場合胃がんの発生率はほぼ0らしい

同僚もAだった。よく胃がもたれると言って胃腸薬飲んでるけど、「絶対ストレスだー」と笑ってた

他にも内視鏡、血液、便、尿、呼気検査などの方法があるみたい

検査キッドを調べてみたらamazonにもいくつかあった

病院の方が安いし安心でお勧めだけど、時間の都合やハードルを感じる人は自宅でやってみてはと思う

ピロリ菌の話はみんなに広めたい


ピロリ菌検査キット(送料無料・自宅で簡単・胃がん予防・採便シート付き・便中抗原定性検査) 精度が高い検便によるピロリ菌検査


DEMECAL(デメカル)ピロリ菌検査キット(胃がんリスクチェック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。