icloudのメモがパソコンに同期されないときは、iphoneのメモに保存しているかも

時間があるので作業環境を整えていた

これまでは、パソコンは仕事、スマホはプライベート、というような使い分けだったけど、これからは勤務時間とか勤務場所とかないので、同期させた方が使いやすいなと思うようになっていた

わたしは、パソコンはwindowsでofficeを使って作業するけど、ケータイはiphoneでicloudを使い、メールはgmail、そして写真はone driveにアップロードする、というちぐはぐなことをしている

この点パソコンがmacでケータイがiphoneとか、メールはgmailでクラウドはgoogleドライブとかだと整合性があって使いやすいのだと思う

ケータイで以外によく使うのがメモなんだけど、iphoneのメモはとても使いやすい

windowsのテキストドキュメントとかとは全く比べ物にならない

それで今日、パソコンにもicloudのメモをインストールして同期させることにした

パソコンでicloudにサインインをしてみるとメモのアプリはあるのだけど、ケータイに書いてるメモが入っていない

これを調べても全く情報がなくて結構な時間がかかった

結局分かったのは、「icloudのメモ」と別に「iphoneのメモ」というのがあって、ケータイで使ってたメモはiphoneのメモに保存されていた

iphoneのメモに書いていると同期されないということ

icloudのメモに移すと無事同期されて使えるようになった

これで使いやすくなったと思ったらまた事件が…

パソコンでデスクトップに置いたicloudメモへのショートカットを開くけど、そのたびにicloudにサインインをしないといけない

「サインインしたままにする」を何回チェックしても治らない

またしばらく考える

ふと気づいたけど、ブラウザがedgeで開かれている

ブラウザの設定を全部chromeに変更することにした

「コントロールパネル」→「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」→下にスクロールし「webブラウザ」を「google chrome」に変更

無事にchromeでicloudが開かれるとサインインをしたままにできるようになった

これ本当に時間がかかった

というか、普段chromeで開かれるのに、なぜedgeで開かれたんだ?

windowsのパソコンでアップルの製品を開いたからかな、とか思ったけどどうなんだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。