メルカリ始めました

だいぶん遅いけどメルカリを使ってみた

アマゾンとヤフオクはこれまでにも使っていたけれど、メルカリはなんとなく避けていた

アマゾンは倉庫があったりで企業から購入する安全なイメージがあるけれど、メルカリは個人から買うイメージでなんか心配な感じがあった

でも流通とか通信とか世の中の主流にはついて行かないとと思っていたので、とりあえず使ってみることにした

先日こんまりメソッドの記事を書いてから久しぶりにカウンセリング熱が上がって、新しい知識をとりいれたくなった

最近は街の図書館から予約をして大学の図書館のものを取り寄せできるらしいので、近くの図書館に行ってカードを作って、借りれるものを予約してきた

借りれなかったものがお得に売ってないか調べていると、どれもメルカリが一番安く買えることを知ったので思い切って使ってみた

今日は使ってみてメルカリの特徴を書いてみる

最初に驚いたのは、アマゾン、ヤフオクは送料別で、決算画面になって思いのほかいい値段になってることに気づいたりするけど、メルカリは送料込みで売られている

クロネコヤマトと提携していて、送料は書籍1冊だと全国一律195円らしい

買う方も得だけど、売る方も送料を気にせず出品しやすいみたい

次に、購入が非常に楽だ

アカウントの登録が終わるとそれからは2クリックで購入できるようになる

アマゾン、ヤフオクはこんなに楽だった記憶がない

特にヤフオクってなんであんなに見にくいのかというくらい画面が文字ばかりで、久しぶりに使うとクリックする場所を見つけるのに迷ってしまう

比べるとメルカリは非常にシンプルな画面に思う

アマゾンは商品のコンディションを書かれた説明から見極めないといけないのに対して、メルカリは写真なので非常に判断しやすい

あと、個人から買うことになんか抵抗があったけど、売る人のプロフィールを見ると割とよさげな人ばかりで、購入時の挨拶もラインみたいに手軽にできる。もちろん何もやりとりしなくてもいい

ついでに売るときはらくらくメルカリ便を使うと宛名を書く手間もないらしい

細かい部分だけど、既存のもののネックになってる所をメルカリはうまくカバーしていると思う

特にクロネコヤマトと提携して流通を確保したのが大きいなあ

ちなみに購入した本はこの2冊


パーソンセンタード・カウンセリングの実際―ロジャーズのアプローチの新たな展開


心理療法の世界1:その学び

上は590円、下は420円だった

送料込みで!安すぎ!

パーソンセンタードの読みたかった本はこれで全部そろった

下の本は、山上敏子先生の対談が前から気になっていた

まあでも対談とか1回読めばその後読まないだろうから、図書館で借りたら十分だろうと思っていたけれど、なかなか巡り合う機会がなかった

420円なので買っちゃった

ちなみにわたしは山上先生のファン歴は長くて、著書は8冊もっている

サインとツーショットもある笑

もう一つ手に入れたいものがあって、それは「行動療法3」なんだけど、増刷してないし、アマゾンだと6000円とかなってるからちょっとまだ手が出せない

メルカリを見ると、超お得に販売されていた形跡があって悔しい…

山上敏子 行動療法3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。