メールつきカウンセリングとは

 当ルームのカウンセリング・電話相談は2週に1回から始めることを推奨しています。そしてカウンセリングの後2週間は、メールでのサポートを無料で行っています。お返事は1営業日以内にしています。

 カウンセリングは定期的に通ってもらえる方が力になりやすいように思います。カウンセラーによって基本とする頻度は異なりますが、わたしの場合は2週に1回がいいように思っています。カウンセリングはお金がかかりますし、通うには時間も確保しないといけません。また心理的にも負担があるものだからです。悩み事の真っ只中にあるときは2週に1回以上から始め、落ち着いたら間隔を広げていくといいように思います。

なぜ無料なのか

 世の中には「メールカウンセリング」と言われるものがあります。それはメールを相談の主体として、メールを通して悩み事の解消に取り組むもののようです。そのため「メールカウンセリング」には料金が発生するようです。
 当ルームの「メールつきカウンセリング」は、カウンセリングの時間が相談の主体であり、メールは補助的なものです。メールカウンセリングとは異なるため、無料にしています。

メールつきカウンセリングが向いている人

  • カウンセリングの時間にうまく話しができない
  • カウンセリングで話し合ったことを日常生活に活かせない
  • アドバイスをもらったのにうまく実行できない
  • カウンセリングで話したことを忘れてしまう
  • 落ち着かない状態にある
  • 孤独、寂しい、人と話したくなる時がある

 クライエントさんの多くは、カウンセリングの時間の話し合いのみで落ち着いていかれるのですが、中にはなかなか安定しない方や、早々に中断される方もおられます。
 そのような方を見ると、困っているその場所で実際に起きていることを、カウンセリングの時間に、カウンセラーにうまく伝えられなかったり、カウンセリングで話し合ったことを、困っているその場所で活かせていないように思います。

 カウンセラーとしても困りごとの実際が理解できる方がカウンセリングは進めやすく、中には自宅を訪問してカウンセリングをしているカウンセラーもおられます。
 特に通い始めの頃カウンセリングの時間は緊張するものです。終わってみると何を話し合ったのか、何をアドバイスされたのか、すっかり忘れている方もおられます。
 状態がどうにも不安定なときや、無性に誰かと話したくなる時に、いつも相談しているカウンセラーから返事が来るというのは役に立つように思いこのサービスをしています。

他のところでも受けられるか

 病院や福祉、公的機関など、カウンセリングの他にも生活支援を受けられている場合は、日常的に職員さんが対応してくれるものと思います。
 一方でカウンセラーが対応してくれる場所というのはあまりないように思います。心理士さんの多くは非常勤のため勤務以外の日は職場にいませんし、常勤の心理士さんはカウンセリング以外の業務がたくさんあるからです。カウンセラーがメールでサポートするというサービスは、カウンセリングに打ち込める個人経営のカウンセリングルームだから出来ることなのです。

 ちなみに、福岡市のカウンセリングの料金は1回7179円が平均で、メールカウンセリングは1往復2000円から3000円が相場みたいです。8900円でカウンセリングに無料でメールがつくというのはお得のように思います。

 当ルームは個人経営のためあまり多くの方を担当できません。当面の間は1日4人まで、全体でも40人ほどしか担当出来ないと思います。現在は開店間もなく予約がとりやすいですが、土日は特に予約が埋まりやすいと思いますので、お早めの予約申込をお待ちしています。

料金

→割引

→予約/申込み