カウンセラー紹介

カウンセラーの特徴

  • 臨床心理士というカウンセラーの資格を取得しています
  • 認定行動療法士という認知行動療法の資格を取得しています
  • 大学院で2年間学んだ後、博士課程でさらに3年間カウンセリングを学んでいます
  • 精神科/心療内科、大学病院、学校、市役所、大学の相談室などで勤務経験があります
  • 学会発表や研修参加を続け研鑽を続けています

名前 本園羊司(もとぞのようじ)
性別 男性

 福岡県で生まれ育ち、最初は久留米大学で4年間心理学を学びました。その後九州大学の大学院で2年間学んで臨床心理士になり、さらに博士課程で3年間カウンセリングを学びました。博士課程終了後は、精神疾患が診れるようになろうと思い、山口県の精神科病院に就職しました。
 福岡では他に、九州大学病院の心療内科、産業医科大学病院の精神科、九州大学の相談室、予備校、発達教育センター、市役所、町役場などでカウンセラーとして働いていました。

 カウンセラーとしてのスタートは大学院に進学した時で、「友人関係がうまくつくれない」などの発達障がいのある子どものグループセラピーから始まりました。その後不登校など子どものカウンセリング、家族・人間関係の悩みなど成人のカウンセリング、保護者のカウンセリングと経験を広げました。大学院では5年相談員をして、長期的に人を見るという経験を積んだように思います。

 精神科では、うつ病や不安症、 ストレスを感じやすい、人からどう思われるか気にしやすい、軽度の知的障害があり仕事や人間関係がうまくいかない、などに悩む患者さんを担当してきました。精神科ですので、ほとんどの方が精神疾患を持っておられました。年齢は5歳から75歳まで担当しています。病院で働き始めてからは、出来るだけすみやかに苦痛が和らぐようにと、認知行動療法を勉強し、認定行動療法士資格をとりました。

 病院の業務は本当に幅広いもので、いろいろな患者さんを見ました。それはとても勉強になったのですが、浅く広く、色々なことが出来るようになるよりも、一つのことに詳しくなりたい、専門家と言えるようになりたいと思い、カウンセリングルームを開くことにしました。

なぜ気分の落ち込みが専門なのか

 精神科に来る多くの人がうつと不安に悩んでいることを知っていました。それから、自分がカウンセリングを担当する全ての人に、抑うつと不安のチェックリストを毎セッションとり始めました。それを見ると、カウンセリングを続けた2/3の人が10セッション以内に症状が軽くなっていました。他の悩み事に対して、自分はどのくらい役に立てるのかわからないので、気分の落ち込みを専門にした、というのが1つ目の理由です。

 もう一つの理由は、亡くなった母が長いことうつ病を患っていたからです。晩年、母は8年病院に通い薬物治療を続けましたが、結局最後まで治りませんでした。受けていたのは薬物治療だけで、カウンセリングや社会経済的支援はありませんでした。3種類の抗うつ薬を併用していて、今だったらすぐに中止するよう電話するのでしょうけど、無知だったんですね。患者さんや家族は、治療に受身で、無知なことが多いんです。小さい頃を思い返しても、母は昼間からよく寝込んでいましたし、もっと昔からうつ病だったと思うので、治る機会もあったのでしょうけど。「母親はカウンセリングを受けたら治ったのだろうか?」という問いがあるので気分の落ち込みを専門にしている、というのがもう1つの理由です。


 「何に困っているのかを理解して、その仕組みを明らかにする」

 受けてみるとわかりますが、Trace高宮では、常識的で真っ当な方法を用いてカウンセリングを行います。自分に何が起きているのかを理解して、確実に良くなっていきたい方にはお力になれると思いますよ


取得資格

臨床心理士
認定行動療法士

臨床心理士

 日本で最も伝統のあるカウンセラー資格です。カウンセリングが専門の大学教員が認定しており、高い信用があります。全国で3万5千人ほど取得しています。

認定行動療法士

 日本認知・行動療法学会が認定する、認知行動療法の資格です。認知行動療法が専門の大学教員が認定しており、高い信用があります。周りに教えられる人はいませんでしたので、取得に5年かかりました。全国でも140人ほどしか認定されておらず、九州、福岡では取得者のいない希少な資格です。認知行動療法は、うつ病や不安症など幅広い精神疾患への効果が示されている心理療法です。

公認心理師

 新しくできたカウンセラーの国家資格です。業務上必要がないため受験していませんが、大学院を出てますので取得資格は持っています。全国に2万8千人ほどいるようです。


研修・ワークショップ受講歴

 カウンセラーという職業につくと、研修や学会、症例検討への参加を続け、専門家としての研鑽に努めることが必要とされます。これまで受講した研修を載せています。以下の内容の悩みであれば当ルームでも受付可能と思いますので参考にされてください。

2014年

精神分析セミナー 福岡
ウィニコットフォーラム 福岡

2015年

精神分析セミナー 福岡
認知・行動療法コロキウム 宮古島
ひろしま認知行動療法研修会~基礎から面接構造、事例の理解まで~ CBTを学ぶ会
CBT Cace Camp 大津
ロールプレイで学ぶ、認知行動療法の会話の進め方 西川公平
エクスポージャーと儀式妨害の基本のキ 岡嶋美代
苦手を克服するための行動分析学の基礎原理 奥田健次

2016年

精神分析セミナー 福岡
認知・行動療法コロキウム 神戸
第5回陪席ワークショップ CBTセンター
認知行動療法基礎研修会 CBTを学ぶ会
CBT Cace Camp 滋賀
児童思春期でフル活用する認知行動療法 神村栄一・岡嶋美代
ケースフォーミュレーションと臨床における意思決定―模擬面接から学ぶ― 田中恒彦
厚生労働省 うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ 岡山

2017年

認知・行動療法コロキウム 小浜
PTSDのための持続エクスポージャー療法研修会 金吉晴
依存症とマインドフルネス研修 岡山県精神科医療センター

2018年

第6回陪席ワークショップ CBTセンター
短期療法の面接デモンストレーション CBTを学ぶ会
うつと双極に認知行動療法を活かすコツ CBTを学ぶ会
健康行動と服薬アドヒアランスにいかす行動変容ワークショップ 藤澤大介

2019年

不安症に認知行動療法を活かすコツ CBTを学ぶ会
ケースキャンプonWEB 「模擬面接を味わい尽くす」 CBTを学ぶ会
自傷としての摂食障害  橿日心理臨床研究会
ぎふ認知行動療法研修会 認知行動療法の基礎から臨床まで CBTを学ぶ会

2020年

模擬面接で学ぶ認知行動療法セミナー 京都CBTセンター


カウンセリングの効果と目安

→☆カウンセリングの予約/申込み☆