ごあいさつ

 日本の人口は年々減っているのに、精神疾患の患者さんは増え続けています。昔ほど精神科に通うことへの偏見はなくなりましたが、今度は良くならない人がたくさんおられるのです。

 精神疾患の治療というと、薬とカウンセリングのイメージがあると思いますが、薬はどこへ行っても処方されますが、カウンセリングが受けられないところは意外と多いです。

 治療の一環としてのカウンセリングの効果研究は進んできていますが、普及の方は思いのほか進んでいません。それぞれの場所で、それぞれのカウンセラーが、思い思いのことをやっている、というのが日本の現実です。お薬はどこに行っても同じものが出されますが、カウンセリングはそうではないのです。

 カウンセラーとの相性というのも思いのほか考慮されることがありません。例えば病院でカウンセリングを受けるとしたら、あなたの受診する日、受診する時間に都合の合うカウンセラーが割り当てられ、当日現れた人に自分の悩みを話し始める、そうやって進んでいきます。カウンセリングがうまくいくかどうかは、カウンセラーとの相性や信頼関係に大きく規定されるということは昔から明らかなのですが、あまり吟味されることがないように思います。

 医療機関のほかにも、学校、行政、福祉機関など、カウンセリングが受けられるとされている場所は世の中にたくさんありますが、「誰でもが相談に行ける場所」ではありません。カウンセリングルームは、誰でもが相談に行ける場所です。

 多くの人は一生を通してもカウンセリングを受けることはありません。「もしカウンセリングを受けるなら、納得のいくカウンセラーから、納得のいくカウンセリングを受けて欲しい」、そういう思いでカウンセリングルームを開いています。


カウンセリングルームの名前の由来

 Traceという言葉は「痕」「跡」「遺跡」などを表します。「高宮という街にカウンセリングルームを作った痕跡を残す」という思いで独立しました。


カウンセラー紹介