「相談に来られる方の傾向」を更新しました

年度が変わったところで、「相談に来られる方の傾向」を更新しました

前回は2020年1月に作成していて、1年振りの更新です

わたしは昔大学院で研究していたりもあって、データをまとめてみたりするのは好きなのです


1年前と比べて変わった所を見ると、

  • 20代の方が5→18%に増えた
  • カウンセリング経験のない方が32→55%に増えた
  • 継続を希望されて来られる方が63→80%に増えた

継続率に関してはよそと比べてもかなり高い方だと思います

「ちゃんとした頻度でちゃんとした期間通うことが短期間での改善につながる」と思っているので、来られる方には頑張って来るように伝えています

ホームページにもそう書いているので、大変でも意欲的に通ってみたい方が来られてるのではないかな

実際、研究で示されているカウンセリングの効果は週1回行ったものがスタンダードで、それ以上の間隔では効果が検証されてなかったりします

病院では診察とセットで月1回とかもざらにあるみたいですが、その頻度ではなかなか難しいのではないかなと思います


最近の心理界隈では、「身近に」「敷居を下げたい」「気軽に」勢が増加中なのですが、うちは全く真逆を行く感じですね

「カウンセリングってそう受けるものでもないし、お金も時間もかかるし続けるの大変だけど、ちゃんときたらちゃんと良くなるから気合入れておいで」と言ってあげる方が誠実だとわたしとかは思ってます

まあしかし、世の中にちゃんとカウンセリングをしてくれるところが無くなっていってるからうちみたいな所にもお客さんが来るのであって、多様性があるのもいいのかもしれない、とか思ったりもするのですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。