パーソナルバリューカードをやってみた

「パーソナルバリューカード」を手に入れました これは自分の価値観が何に対してあるかをボトムアップに考える道具で、ACTの価値のワークとかでも使うみたいです わたしもカウンセリングにエクササイズを取り入れることはあるので、 …

UP臨床応用編「第13章 慢性疼痛に対する統一プロトコル」

慢性痛のセミナーに出ているので、読んでなかったUPの慢性痛の章を読んで重要点を書き残してみます 慢性疼痛  慢性疼痛は、組織の損傷が確認できない3か月以上続く痛みです  アメリカでは1億人が影響を受けており、医療費および …

うつと不安への認知行動療法の統一プロトコル エッセンシャル入門研修 視聴録2

デモンストレーション編ですUPは実際どんな感じなのか見ていきたいと思います うつと不安への認知行動療法の統一プロトコル エッセンシャル入門研修 デモンストレーション 動機づけを高める 意思決定の判断の基準となる価値観を理 …

うつと不安への認知行動療法の統一プロトコル エッセンシャル入門研修 視聴録

 最近勉強してるUPの研修が、今年はオンラインで受けられるということでさっそく申し込んだ  理論とモジュールは頭に入っているのだけど、今回の研修は「実際どのように行うのか」デモンストレーションが見れるということが楽しみだ …

UP臨床応用編「第17章 統一プロトコル 今後の方向」

 今日も読んでいきます 治療要素の分解  マニュアル化された治療とモジュール形式の治療の最も重要な違いは、プロトコルに含まれるスキルがどの程度相互依存的か、自己完結的かという点です  マニュアル化された治療では治療スキル …

UP臨床応用編「第16章 統一プロトコルの異文化への適用」

 異文化適用の章でなんと日本の事例が掲載されていました。国立精神神経センターでの事例?ですかね。とても貴重です 日本の事例  28歳女性。5年に渡りSSRIやベンゾジアゼピン系向精神薬を処方されていたが不安や抑うつ気分は …

UP臨床応用編「第4章 強迫症および関連障害群に対する統一プロトコル」

今日も読んでいきます 第4章 強迫症および関連障害群に対する統一プロトコル OCDにおける神経症傾向  ある程度の「新入思考」は誰にでも生じるものであり、さらにOCDのプロセスと他の心理的障がいのプロセスの正確な判別が困 …

認知・行動療法学会46回大会 視聴まとめ2

前回に引き続いて自主シンポジウムのまとめです 強迫症/性障害の行動分析学・学習理論 精神医学と行動分析学 80年代に、「統合失調症患者へのトークンエコノミー法」の論文を精神神経学雑誌に投稿したらボツになった。人権をないが …

認知・行動療法学会46回大会 視聴まとめ

認知・行動療法学会に参加してますといってもコロナの影響でオンライン開催なので、ビデオ見てるだけなのだけど 来年資格の更新があるので、参加してついでに発表するのが専門家の義務なのです ポスター発表の105番と結構後ろの方な …