「売上を減らそう」を読んだ感想

おもしろそうな本を見つけたので買ってみました

売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放


売上をあげようとしない、夜営業しない、1日100食売ったらその日は終わり、という経営をされています


重要ポイントを書くと、

  • 働き方は自分の人生に照らし合わせて決める
  • 早く売り切ったら早く帰れる
  • ちょうどいいくらい売り上げる
  • 頑張れと言うのでなく、仕組みで人を幸せにする
  • 人生に合わせて売り上げを稼ぐ
  • 夜営業を止めたことでランチのお客さんが増えた
  • 事業の成長には興味がない
  • 穏やかな幸せ、穏やかな成功を求めている

商品開発の4条件

  1. 自分がその金額を出してでも行きたいお店か
  2. 家庭で再現できない
  3. 大手チェーンに参入されにくい
  4. みんなのごちそう
  • スーパーの食材で再現できるものでは何度も来てもらえない
  • 100色限定で、ひたすらおいしいメニューを、圧倒的なコストパフォーマンスで提供し、心から満足してもらう
  • マーケティングや売上分析、経営コンサルティングは必要ない
  • やる気に溢れている人はいらない
  • 採用基準は、今いる従業員と合う人
  • 従業員が1人少ない人は売り上げを1人分減らす
  • 貯金で将来への不安をかき消すのでなく、無理せず働けり持続可能な働き方を掴む

ちなみに早く売り切れてもちゃんと8時間働くらしいです
勤務時間まで短くすると、仕事を早く終わらせようとして接客が雑になるかららしい

仕事を増やそうとしないという主張は確かにわかる
残業してわずかに給料を増やすよりも、ちゃんと時間を確保して他の仕事を入れた方が収入は安定する

「ライフスタイルを大事に仕事をする」というところも共感できる

夢を聞くと「職業」を答えるのが日本の子どもの特徴らしいですが、どのような生活を送りたいかを夢に描いたっていいと思う

ハワイの人はサーフィンをして暮らしたいから、その時間をとれる仕事を選ぶらしいです

ベーシックインカムとか、AIの進歩とか、人間の仕事はこれからなくなっていくらしいので、生き方を大事にすることは重要になっていくでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。