何のために生きるのかを考える

何のために生きてるのか、人生の意味って何なのか、生きる目的ってなんなのか、思い悩む人も多いのではないかと思う

わたしもこれを結構考える方で、30歳を過ぎたくらいからよく考えるようになった

これはいつも考えてるわけではなくて、定期的に考える時期が来る

そういえば今年はよく「正月うつ」という言葉を聞いた

Twitterで誰かが言ってたけれど、クリスマスとか年末年始とか、世の中が幸せな時に具合が悪くなる人は多いらしい

わたしは今年の年末年始は予定が詰まってたのだけど、正月が終わってからはすっかりやる気をなくしていた

カウンセリングに来る人にもあてはまるのだけど、予定がないってのは精神的によくない

自分で自分を律するということは、思いのほかエネルギーがいるのだと思う

わたしも予定がない日は、家のホットカーペットに横になって、スマホを触ってみたり、起き上がってパソコンをつけてみたり、youtubeをつけてみるけど見るものがなかったり、何もしたくないから寝に入ったりしてしまう

で、今日はその時期が来ていて、何のために生きるのかを久しぶりに考えていた

とりあえずネットで検索してみて、検索するといろいろでてくるのだけど、結局納得するものはない

よく書いてあるのは、「生きる意味はない」「生きる意味は自分で見つけるもの」というもので、それはそうなんだけど、まあ腑に落ちない

ところが、今日はおもしろいものを見つけた

さまーずの大竹さんが、「人生の目標は、死ぬまで無事でいること」と言っていたらしい

この言葉が妙に腑に落ちた

昔何かの本で読んだけれど、人生で唯一確実なことは、「人は死ぬ」ということだけなのだ

それだけは自分ではどうにもできなくて、その他のことに、確実なことはない

「死ぬまで無事でいる」という言葉はなんか好きだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。