久しぶりに夜の高宮駅付近を散策してきた

昨日は朝から後輩くんとyoutubeの撮影をしてた
近いうちにyoutuber始めます
本気です

しゃべるのって難しい
知り合いになら伝わるだろうけれど、知らない人に伝えるのって難しい

自己紹介とか撮ったのだけど、まだ納得いかないので企画からやってみてる

カウンセリングに関して、これまで専門的な方ではまじめにやってきたと思ってる
大学院に行って、資格とって、現場で働いて、毎年研修に行って、毎年学会に行って、症例発表したり、論文書いたり

それで開業してみると、そんなことはお客さん集めに全く役に立たない

なので、もう専門的な方向で頑張るのは休止して、社会的な方向で頑張ろうと思ってる

多くの専門家は自分の名前を言っても理解されないので、○○大学の先生とか、○○学会の理事とか、所属でもってようやく理解されるのだけど、開業して食べていくには、自分の名前で社会的に認知されないといけないと思ってる

なので方向転換することにした

資格とか学歴とか、役に立たない

で、午前中撮影をして、午後は後輩くんが仕事に行ったのでわたしは編集してた

それが結構大変で、ほんの10分足らずの動画を3本、カットしていくだけで、2時間半もかかった

結構いい加減にしたのにこんなに時間がかかるなんて

ヒカキンとかも1日やってるとか言ってたな

夕方後輩くんが帰ってきたので、付き合ってもらって近くの立ち飲み屋に市場調査に行くことにした

うちから2分くらいのpolepoleってお店

高宮に来てこのお店は2回目になる

polepoleは占いの人がお店に出てるらしくて、わたしもカウンセラーとして出演させてもらえんかなーとか思ってた

カウンセリングルームってマンションでひっそりやってるので、外に出てお客さんと交わる機会が欲しいと思って

あとは、将来日本酒バーをひらくためには経験を積んでいないと

これ割と本気で思ってる

自分でやらなくても、共同経営でもたまに手伝うでもいいんだけど

Twitterとか見てると、心理士さんが自分の仕事のことつぶやいたりしてて、そういうの見ると、打ち込めるってうらやましいなあと思う

前も書いたけど、わたしはそこまで心理士という職業にアイデンティティがない

心理士をしてるのはカウンセリングをするためであって、心理士の仕事で自分の生活を埋めてしまいたいとか思わない

昔ほど関心もひろくないし、心理士としてはもう、そんなにいろいろなことをしたいという気持ちがない

うつ病に思い入れがあるので、抑うつ関連の問題のカウンセリングをしていけたら、それでいい

逆に、精神疾患だけでもものすごい広いのに、心理士って、病院行って学校行って、他にもなんかいろいろ行ってる人もいて、それでいいのかと疑問にすら思う

なにかの専門家になるってのは、そんなに簡単じゃないと思ってる

何でもできるを目指して、説明ばっかり上手で、自分では何も出来ない人が増えてるのではとすら思う

わたしは治療成績だして責任をもってやってるし、自分の正しいと思うことをしようと思う

polepoleのおかあさん、70歳らしいけど、見た目若くてかっこよかった

ぼけないためにお店をやってると言われてた
ブティックとかいろんな仕事をしてきたことを教えてくれた

苦労があったか聞いたら、それはあったし、今だってあると言われてた
人付き合いが大事だから、いろいろなお店やお祭りに顔を出しなさいと言われた

名刺サイズのショップカード作るといいと教えてくれた

オリオンビールで乾杯して、後輩くんは2杯目から焼酎のお湯割りを飲み始めた

2杯目から焼酎とか、日本酒好きからは考えられない!

日本酒好きは、日本酒を飲み終えてまだ何か飲みたいという時に焼酎を飲む

でもおかあさんがおいしい焼酎を教えてくれたので、わたしも2杯目から焼酎を飲みましたよお湯割りで

その後ワインを飲んだら、そのワインが結構おいしかった

すごい安くて、どれも400円とかで飲めます

polepoleに行くのが目的だったのに、そんなに飲んでしまったらそのまま帰れず、もう1件行くことにした

前にも行った日本食のお店、羽泉

居心地がいい店

そしてこのお店、料理がおいしい!

魚の鮮度がいい

唯一撮った写真がある

ぶりのはらみ
おいしかったー

親鳥の網焼きもおいしかった

日本酒のチョイスは相変わらず大将の好みで、写真をとらないと覚えられないな
昨日は全く全部とり忘れてしまった

後輩くんは熱燗とか飲んでた
おじさんやな

気分もよかったので、大将と隣のお客さんと日本酒について語り合った、気がする
大将とお客さんはオールドタイプの辛口の日本酒が好きだった、たしか
なんかたくさん話して楽しかった、気がする

その後はちゃんと事務所まで帰って、ちゃんとカギを閉めて寝てた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。